FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログを引越ししました。  http://ameblo.jp/somahou/

いつもご利用いただきありがとうございます。

2/1 に、ブログを引越ししました。

お手数をおかけいたしますが、「新着情報」及び「次回以降」は、

こちらの 「アメーバブログ」 をご覧ください。

http://ameblo.jp/somahou/

しばらくの間、こちらの 「fc2ブログ」 もそのままにしておきます。 

     管理人
スポンサーサイト

旧正月餅つき大会を開催しました。

相馬の子供たちとのイベント、旧正月餅つき大会、盛況でした!今野さん始め小田原のみなさん、ありがとうございました!相馬のおばちゃんたちもありがとう。!(^^)!。
10418354_592692904208613_2294062380060628088_n[1]
餅つきの様子
10153996_592691777542059_3046167595416661962_n[1]
小田原みかん詰め放題
1549460_592692210875349_41728718998250070_n[2]
小田原の書家堤先生からの書の寄贈
1017746_592692010875369_3692177002500061826_n[1]

2/1(日)アムウエィハウス相馬さとばたけ報徳センターで、旧正月餅つき大会を開催します!

アムウエィハウス相馬さとばたけ報徳センターで、旧正月餅つき大会を開催します!
小田原のみなさん、はらがま朝市のみなさん、お世話になります!

日 時  平成27年2月1日(日)午前11時~午後3時
場 所  アムウェイハウス相馬 さとばたけ報徳センター

プログラム             
 こども餅つき体験、お餅の無料試食 先着200名様
 hactoさん、チームしめちこちゃんコンサート、紙芝居上演、昔遊び体験、竹とんぼプレゼント
 小田原報徳みかん詰め放題

お問い合わせ
 アムウェイハウス相馬 さとばたけ報徳センター   TEL・FAX 0244-32-0624

主催 一般社団法人 相馬報徳社
共催 日本アムウェイ合同会社
    NPO法人 相馬はらがま朝市クラブ
   小田原の心を届けるプロジェクト
CIMG0936.jpg
CIMG0931.jpg

本年もよろしくお願い申し上げます。

「お花いっぱいプロジェクト!」先日のイベントで、相馬の子供たちに書いていただいた、メッセージ。

hactoさんに島根の子供たちに届けていただきます。

CIMG0776.jpg

CIMG0782.jpg

ありがとう!


クリスマスフェスタを開催しました!

日本アムウェイ様との共催イベント、クリスマスフェスタ、アレマー玉井さんのマジックショー、hacutoさんのコンサート、イベントがいっぱいで、地域の皆さんに集まっていただき大盛況でした。みなさんありがとうございました。!地域の子供たちの笑顔がとってもいいなあって思います。ボランティアの皆さんの手作りのケーキもとってもおいしかったです!

アレマー玉井さんのマジックショー
CIMG0794.jpg

hactoさんのコンサート
10171623_567401256737778_6964405334483727968_n[1]

集合写真
10366316_567401706737733_1632645164938767953_n[1]

ボランティアのみなさんが作ってくださったケーキ
CIMG0797.jpg

トナカイさん
CIMG0815.jpg

12/21(日)クリスマスフェスタで「お花いっぱいプロジェクト」hacutoさんのライブ開催!

明後日、12/21(日)は、さとばたけ報徳センターで「お花いっぱいプロジェクト」hactoさんのコンサート!相馬報徳社から直接hactoさんへお声がけをして相馬へお越しいただけるのは初めてです。(*^^)v。島根県の石橋先生のお花の種が大きく芽を出しているんだと思っています。以下は、今年9/22福島市でのライブの模様です。

幸せ色した花々/hacto

10665767_273787166155833_278699851542138967_n[1]

12/21(日)クリスマスフェスタを開催します!

今週12月21日(日)13:00~15:00アムウェイハウス相馬さとばたけ報徳センターで、クリスマスフェスタが開催されます!シンガーソングライターhactoさんのミニライブ、アレマー玉井さんのマジックショー、ケーキバイキングなど、イベントがいっぱいです。家族みんなでお集りください!
無題
無題

鬼門除けの「ひいらぎ」を植樹していただきました。

小田原市「報徳の森」の皆様に鬼門除けの「ひいらぎ」を植樹していただきました。ありがとうございます。

10641000_560199537457950_4716266559016829125_n[1]

左から小田原市東課長、畠中事務局長、高木社長
1476426_560199187457985_2456379434502112454_n[1]

10676271_560199430791294_1802716916047581578_n[1]


青原さとし監督「土徳流離」制作中間映写会が開催されました。

7日、青原さとし監督「土徳流離」制作中間映写会が、南相馬市中央図書館交流センターにおいて開催されました。

1940014_560203900790847_2646730943871455107_n[1]

10550878_560203977457506_5712950491280195141_n[1]

芥川賞作家・柳美里さんの「土徳流離」推薦文をご紹介します。(一部抜粋)
・・・・・
その本を読んだ前南相馬市長である渡辺一成(相馬報徳社理事長)さんに、ドキュメンタリー映像作家の青原さとしさんをご紹介いただき、現在制作中の『土徳流離』の一部抜粋映像を観た。
福島第一原発の立地自治体の双葉町にある光善寺の副住職・藤井賢誠さんが、
「せっかくご先祖が相馬の土地で…残念ですね…申し訳ないですね」と声を詰まらせたシーンで、わたしは泣いた。
原発事故以降、かつてこれほど「故郷・ふるさと」という言葉が使われたことがあったろうかというほど、マスメディアでは「故郷・ふるさと」という言葉が氾濫したが、「故郷・ふるさと」とは何か、を問う番組や記事は無かったように思う。
『土徳流離』では、まさにその問いがテーマになっている。
 本作の前史ともいえる青原監督作『土徳~焼跡地に生かされて』では広島の原爆で家族五人を失った経験を抱えている応時山眞光寺のご住職、青原淳信さん(青原監督の父親)が語る、
「その地域の『お育て』に預かっておる。その地域の人々の心にずっと焼き付いとる」「ここで育つものに、影響を与える」
――つまり、「故郷」の土地は、死者からの預かりものであるのだという言葉に、故郷喪失者であるわたしは胸を打たれた。
 土地を守る死者として、家郷を信じることのできない息子に語りかけるその姿に、生々しい郷愁をおぼえたのである。
それは、わたしが、朝鮮戦争によって生まれ育った故郷を追われ、家族と共に日本に密入国した母親から生まれた在日韓国人二世だからであろう。
わたしにはそこから出発して、いつでもそこに還ることのできる故郷は初めから無い。わたしは、故郷を穢され奪われた人々のもとに通い続け、話し続けることによって、自らに「故郷とは何か?」と問い続けているような気がする。
『土徳流離』を観ると、故郷喪失者の、故郷に対する心情の磁場を感じることができる。
 大きな被害に遇った土地を故郷に持つ人間が、故郷の死者と共に流転し蘇生して生きる物語が映し出されているのだ。
完成を心待ちにしている。

6日、アムウェイハウス相馬さとばたけ報徳センターのオープニングセレモニーを開催しました。

6日、アムウェイハウス相馬さとばたけ報徳センターのオープニングセレモニーを開催しました。渡辺一成理事長からあいさつの後、日本アムウェイ市橋様、小田原報徳の森、高木社長からご祝辞、復興支援センターMIRAI代表押田氏から乾杯のご発生をいただきました。
 報徳社事業の案内として事務局の畠中から、村上さんから紙芝居「命の次に大切なもの」、青原監督から「土徳流離」制作状況上演、締めは、はらがま朝市クラブ高橋理事長です。京都から「良心、市民の会」代表李様、NPO和の鴇様、小田原市役所東課長、神名部課長他多数お越しいただきありがとうございました。

渡辺理事長のあいさつ
10850044_560179484126622_7368394226405431953_n[1]

来賓のみなさま
10801594_560179597459944_8740133552799928711_n[1]

村上さんの紙芝居「命の次に大切なもの」
10428423_560179677459936_5225774588032349697_n[1]

青原さとし監督「土徳流離」上映会
1924957_560179834126587_4738464235752122231_n[1]
カテゴリ
カレンダー(月別)
07 ≪│2018/08│≫ 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

(一社)相馬報徳社

Author:(一社)相馬報徳社
976-0035
相馬市馬場野字山越89
0244-32-0624
sohoutoku@yahoo.ne.jp
**********************
H26.11.26 さとばたけ報徳センターがオープンしました。
**********************
 相馬報徳社は、二宮尊徳の高弟である相馬中村藩士斎藤高行が明治の初めに設立した報徳仕法を実践する団体です。
 報徳仕法は、江戸時代末に相馬中村藩、小田原藩をはじめ、桜町領(真岡市二宮地区)烏山藩、谷田部藩、日光神領等、天明・天保の大飢饉からの農村の復興に大きな役割を果たしました。
 今回の大震災と原発事故により相馬中村藩領の大部分が避難生活を余儀なくされ、現在もその状況に変わりはありません。
 全国の報徳団体と日本アムウェイの協力を得て、相馬報徳社は活動を再開しました。
 地域の子供たちとのコミュニティを大切にして、震災復興支援の拠点として活動します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。